リンパ浮腫治療

お問い合わせ

  1. お気軽にお電話ください
  2. メールはこちらから
    メールを作成

トップページ » リンパ浮腫治療(リンパ浮腫と内臓起因の浮腫の比較)

リンパ浮腫と内臓起因の浮腫の比較

リンパ浮腫 内臓起因の浮腫(心臓、肝臓、腎臓障害など)
・慢性でゆっくり進行・局所性浮腫・片側 ・発症が急・全身性浮腫・左右対称に両側
・たんぱく質が多い(間質液タンパク含有量が1g/dl以上)ので二次的組織変性(線維化・さらに硬化現象)起こす ・たんぱく質が少ない(間質液タンパク含有量が1g/dl以下)線維化は起こさない。代表的な例は低タンパク血症になることが多い。
・押しても重度の場合はへこまない事が多い ・押すとへこむ

シュテンマーサイン<陽性>

自然治癒は少ない
蜂窩織炎の合併が多い
皮膚の色の変化や痛みは少ない
多毛症

シュテンマーサイン<陰性>

内臓機能回復で浮腫も治癒
蜂窩織炎を起こすことは少ない

シュテンマーサイン

浮腫が疑われる部分を親指と人差し指で薄くつまんだ場合、健康な皮膚は皮下組織より表面の部分が薄くつまめるが、浮腫がある場合には皮下組織の厚みを触知する(陽性)。