リンパ浮腫治療

お問い合わせ

  1. お気軽にお電話ください
  2. メールはこちらから
    メールを作成

トップページ » リンパ浮腫治療(全身性浮腫)

全身性浮腫

全身性浮腫は、おもに内臓疾患やホルモン分泌異常によって生じる。腹水や胸水なども広い意味で浮腫のひとつである。全身的に左右対称にむくみが生じること、疾患が治癒すると浮腫も消失することなどが特徴である。これらは、組織液の供給過剰が原因であることが多い。

また局所性浮腫に比べて、蛋白質が少ない。

① 心性浮腫(うっ血性心不全など)
② 肝性浮腫(肝硬変など)
③ 腎性浮腫(腎障害・ネフローゼ症候群など)
④ 栄養性浮腫(低蛋白血症;血漿タンパク質の濃度は5g/dl(アルブミン濃度2.3g/dl)以下)
⑤ 内分泌性浮腫(甲状腺機能低下症、月経前症候群の浮腫(黄体ホルモンの影響)など)
⑥ 妊娠性浮腫(妊娠中毒など)
⑦ 薬剤性浮腫(消炎剤など)
⑧ 特発性浮腫(原因不明)